シミに効く美白化粧品・美白クリームを教えて!

あなたのシミのタイプを知って、美白を攻略!

気になる「シミ」の種類

一口に“シミ”といっても、その状態やでき方、原因によって、対策も違ってきます。
シミにはどんな種類があるのでしょうか。

シミの多くは、実は「老人性色素斑」とよばれるものです。
「老人性」といわれると、ぎょっとするかもしれませんが、20代の方でも
できるタイプのシミです。

円形にできる、境目が分かりやすいシミで、そのままにしておくとだんだん
濃くなってくるものです。
原因は、日焼けや生活習慣の崩れからできるものなので、予防することができます。
また、できてしまった時には早めに美白化粧品などを使ってお手入れをすると
薄くなりますので、早めにケアするようにしましょう。


「肝斑」は最近有名になったシミの名称ではないでしょうか。
多くは頬骨や額、鼻の下などにでき、茶色く広がって見えるシミです。
30~40代の女性に多く見られるシミのタイプです。
原因は、女性ホルモンのバランスが崩れてくることからといわれています。
ですから、局所的な対処よりも体全体をみて、体調を整えることを第一に
考えるとよいでしょう。
また、レーザー治療は効果がありませんが、美白化粧品や、
ピーリングは効果が出るようですので、おすすめです。


「炎症性色素沈着」は、掻きすぎたり、強くこすったりした場合や、
ニキビ跡やかぶれ、炎症などの跡として現れるシミです。
形や大きさは様々ですし、原因もそれぞれです。

そのままにしていてもだんだんと薄くなってきます。
早く消したい時には、美白化粧品のケアや、ピーリングを行うことをおすすめします。
色素が沈着した部分がさらに日焼けをすると濃くなったり消えにくく
なったりしますので、日焼けには特に注意をしてください。


「ソバカス」は鼻の周りに小さなシミが広がったものをいいます。
遺伝的なものがほとんどなので、ピーリングや美白化粧品の効果は期待できません。
どうしても消したい時には、レーザー治療など、皮膚科の専門治療を
受けた方がよいでしょう。

「脂漏性角質症」はイボのように皮膚がもりあがったもので、皮脂の分泌が
多い部分に表れます。レーザー治療やピーリング治療は効果があります。