シミに効く美白化粧品・美白クリームを教えて!

シミを消す美白化粧品、どれがいいの?

シミに効く有効成分

シミにも薬で改善したり、予防したりすることができます。 その薬には、塗る薬と服用する薬の2種類があります。 そして紫外線対策や規則正しい食生活などのシミ対策と一緒にシミの薬を 取り入れると効果的です。

またシミに効く成分もたくさんあり、薬によって入っている成分もさまざまです。 成分の効能などを知っておくと薬をえらびやすくなります。

レチノイン酸は、コラーゲンの増殖、肌のターンオーバーを促進しますので、 キメ細やかなお肌へと導いてくれます。

アルブチンは、美白効果があるハイドロキノンクリームの糖誘導体のことです。 メラニンの生成を抑え、シミやそばかすからお肌を守ってくれます。 また美白効果が高いので日焼けのくすみなどにも効果があります。

ハイドロキノンは、美白の成分では一番有名かもしれません。 メラニンの生成を抑え、お肌の美白剤や漂白剤などと言われるほど美白効果が強力です。 ですので、アレルギー症状やかぶれ、ヒリヒリ赤くなるなどの症状が出てしまう人もいます。 必ず専門医に相談してから治療するようにしましょう。

タミンCは、コラーゲンの生成を助け、メラニン色素の抑制、抗酸化作用でお肌のサビを防いでくれます。

エラグ酸は、ポリフェノールの一種で、メラニンの生成を抑え、美白作用があります。 そして植物成分なので安全性もあり、化粧品メーカーが注目を集めている成分です。

コウジ酸も、メラニンの生成を抑え、色素沈着を抑える力もあります。シミを薄く導いてくれます。 トラネキサム酸は、抗出血作用があり、一般的には止血剤として使われています。 美白作用があるので美容外科や皮膚科でも処方されています。特に肝斑に効果があるようです。

薬局やネットショップででスキンケア化粧品や薬を購入する際は、上記の成分を参考にし、確認してから買うようにしましょう。

シミには、いろいろな原因があります。 その原因によって治療法も異なりますので、原因を探り、わからない時は、専門医に診察してもらいましょう。