シミに効く美白化粧品・美白クリームを教えて!

色んな種類のシミについて

老人性色素斑とは

しみの中には男女ともに見られるもので、若いときにはなかったのに 25歳を過ぎたころからでき始めるものがあります。 褐色で丸く平らなのが特徴で「老人性色素斑」とよばれ、 紫外線を浴びやすい顔や手の甲、腕などに多く見られます。


大きさは米粒ほどの小さなものから10円玉大のものまであり、 悲しいことに年齢を重ねれば重ねるほど増えていってしまいます。 老人性色素斑ができる原因は、子供のころから浴び続けてきた紫外線が 皮膚の内部にたまり、それが加齢とともに表面に出てくるということです。


ですから、最近では赤ちゃんのうちから日焼け止めをつけることが 推奨されていますね。 そして、この老人性色素斑が進行したものが「脂漏性角化症」、 またの名を「老人性疣贅(ゆうぜい)」と呼んでいます。

老人性色素斑の表面が平らであるのに対して、 こちらはイボのように盛り上がっているのが特徴です。 ひどくなるとしこりのように硬くなることもあります。 比較的女性には少なく、高齢の男性の顔や頭部に多く見られます。


色はやや濃い目の茶褐色や黒で、触るとざらざらとした感触があり、 いつの間にか数が増えていったり、大きくなっていくので 「皮膚がんなのでは」と疑って病院を受診する人もいるようですが、 これは特に放っておいても悪くなるということはなく、 心配するようなものではありません。

しかし、見た目にも盛り上がっているぶん目立ちますし、 触ったときに凹凸があるので気になる人も多いようです。 これらの治療法としては、脂漏性角化症まで進行している場合には レーザーで焼き切るのが最も効果的です。


なぜなら、盛り上がっているところは角質が厚いため、 いくら美白によい化粧品を使っても中まで届きにくいからです。 また、老人性色素斑の場合もメラニン色素が皮膚に染み込んでいる状態なので、 美白に効果的なスキンケアよりもレーザー治療がおすすめです。



美白のためのおすすめ商品は?>>>詳しくはこちら

ハイドロキノンクリームの人気ランキング>>>詳しくはこちら