シミに効く美白化粧品・美白クリームを教えて!

しみの原因を知って、きちんとしみ対策!

しみの基礎知識、しみはなぜできるの?

女性の皆様は、「しみ」に敏感ですよね。白い綺麗なお肌は女性のあこがれ。
今回は、「しみ」になってしまう原因や対策について説明いたします。


まずは、どうして「しみ」が出来てしまうのかという原因からスタートです。
肌のメラニン色素が沈着すると「しみ」になってしまいます。これとよく似た
原因でできるが「そばかす」で、メラニン色素が原因になるんです。


家の外に出て紫外線を浴びます。そうすると肌の細胞が傷ついてしまいます。
皮膚は傷つくのを防ごうとし、メラニン色素をつくることになります。

身体の深い部分までUVを入り込ませないようにするために黒くなります。
言ってみれば自動的にUVケアをしているわけです。凄く皮膚は勤勉ですね。


当然日差しが強くなると皮膚は頑張って黒くなりUVケアをします。
じゃあ日差しが強くなかったらどうなるでしょうか?
その場合は全くUVケアの必要がありません。

だから日差しが強い夏から秋になると、白い綺麗な肌にもどるのです。
それには条件があります。「皮膚の新陳代謝が良ければ!」という厳しい条件です。

この条件をクリアしなければ、肌に「しみ」ができてしまいます。
要するに皮膚の新陳代謝が悪いのです。皮膚細胞が本来なら入れ替わるのです。
しかしそれが入れ替わるのを失敗してしまって残ってしまうのです。
その結果、肌に「しみ」が出来てしまいます。


では、何故新陳代謝が悪くなってしまうんでしょうね。新陳代謝が悪くなる
原因は、加齢もあります。
若い世代の皆さんは新陳代謝が良いのが一般的です。

しかし、若いからと言っても油断は出来ません。徹夜をしたり、体調を崩し
たりした場合……。
深酒が続いたりしてしまう生活が続くと、ビタミンも不足しがちになります。
そういった時に日焼けをしてしまうと最悪ですね。

ですが、もしも日焼けをしてしまったら、もとに時間をもどす訳にもいきません。
UVケアをして、今後は日焼けするのを防ぐしか方法はありません。
同時に美白剤を利用して肌の回復をしておきましょう。


色々な美白剤がありますが、基本的にはメラニンをつくりにくくする特徴が
あります。「しみ」や「そばかす」が出来てしまった部位に、それ以上のメラニン
を作っては駄目です。

そういった対処をしておいて、自然にメラニンが肌から消えて行くのをひたすら
まちましょう。日々のUVケアは怠らないようにしましょう。