シミに効く美白化粧品・美白クリームを教えて!

しみをつくるメラニン色素とは?

メラニンについて教えて!

メラニンは女性が気になる「しみ」の原因になります。メラニン色素が
肌組織に沈着する事によって「しみ」ができますが、どうして沈着するのかは
色々と理由があります。それでは、メラニンについて説明をいたしましょう。


30日程度で私達の肌組織はいれかわります。その時に沈着したメラニンは取れ
てしまわないのでしょうか?
メラニンが色素沈着してしまった皮膚は、ダメージを受けているので肌組織の
いれかわりがうまくいかないのです。その一番の原因となるのは紫外線の影響です。

これによって皮膚がダメージをうけるのです。
夏が過ぎて秋になり小さい「しみ」を見つけて「あれ?」と思うことがないでしょうか?


紫外線によるダメージだけではないです。ホルモン・バランスが乱れてしまっ
たり、寝不足とか疲労が原因の肌荒れもあるでしょう。

また化学物質によるダメージも考えれます。肌の老化現象で皮膚組織は傷ついて
しまって、メラニンが沈着しやすい条件を作ります。
色々理由はありますが、基本的には紫外線が根本的な原因です。


私達の皮膚が紫外線を浴びるとダメージを受けると同時に、それを避けようとして
黒いメラニンを生み出すメカニズムになっています。メラニンの活動によって、
皮膚を黒く変化させておけば紫外線を防げるからです。

そういった意味では、皮膚は一生懸命にメラニンを付くってくれてUVケアをして
くれているのですね。


海水浴に行った時に色が黒くなるには多少時間がかかりますね。
それは皮膚がメラニン色素をつくるのにそれなりの時間が必要だからですね。
そして、継続的にメラニン色素をつくるからだと言えます。

こういったメラニンを作る身体の活動をブロックする成分を含むのが美白剤なんですね。
だからメラニンを作るのを防ぎしみができるのを避ける為には美白剤を日焼け後
に塗り続ける必要があります。


まとめておきますと、「しみ」ができないようにする方法は次の三点になります。

【1】紫外線を浴びないようにするためにUVケアをすること。
【2】もしも紫外線を浴びたら、メラニンを作る働きを防ぐために美白剤を利用する事。
【3】睡眠と栄養を充分にとって健康的な生活を送ること。

これらが「しみ」対策の三本柱になるので覚えておきましょう。